ビットコインの分裂騒動

ビットコインの不可解な状況・分裂について考える

 

ここのところ明らかにFXよりビットコインのほうが話題に上ることが多くなていますが、このビットコインの話の中でFXユーザーがよく理解できない状況が分裂というものです。そもそも分裂という言葉の響き自体が前向きではありませんし、これから投資しようとする仮想通貨が分裂して一体どうするのかという不安を高める要素でもありますが、今回はこの分裂について考えてみます。

 

分裂はマイニングのルール変更

 

 

そもそもビットコインはスタート時期から全体の発行予定通貨量は決められており、いわゆる台帳記録ルールに基づいて多くの人がマイニングを行っているわけです。

 

このルールにさらに新しくて意味のあるものができて、多くの参加者がそれに賛同することになると新たなルールをもとに記載された台帳部分は新たなコインとして記録していくことになり、今年それが起きて8月にビットコインキャッシュやビットコインゴールドなどが登場したわけです。

 

このあらたなコインは既存のビットコインの数量に応じて無償で付与されたことから、市場ではさらなる分裂を期待する向きが非常に増えているというわけです。

 

通常の株式の場合増資で発行株式が増えると価格は下落することになるわけですが、ビットコインはバブルのブームであることからこうした価格下落は起きずに分裂したコインも上昇するという独特の状況を作り出しています。

 

このあたりの動きも既存の株式市場などでトレードしている投資家にとってはビットコインの理解を難しくしているものといえます。

 

ただ分裂は自然現象ではない

 

この話を聞かれるとあれ?と思われる方もいらっしゃると思いますが、分裂であらたなコインが付与されるということはそうしたオペレーション全般を仕切っている胴元が存在することは間違いありません。

 

それが一体だれでどういう合議に基づいて分裂の可否が決定されるのかといった部分も実に不可解です。

 

発行元というのが明確にあってやっている話ではないのでコアなディベロッパーとマイナーが集まって話し合いで決めている状況のようですが、国の通貨当局が責任をもって発行しているわけではないため、このあたりもかなり複雑で構造理解がしにくい状況となってしまっています。

 

そもそもの埋蔵量は決まっているのに分裂でそのボリュームが増加するというのも相当わかりにくい状況で、このあたりがもっと整理されませんと本来は投資の適格性判断はできないのが現実なのです。