ビットコイン半減期には価格が上昇するって本当か

 

 

ビットコインなど半減期をもつ仮想通貨はそのタイミングが近づくと価格が上昇しやすいと言われています。一体これはどうしてそのようなことになるのでしょうか。

 

まず半減期ですが、これはマイニングによって得られる新規のビットコインの発行量が半分になってしまうタイミングのことを言います。

 

ビットコインの場合にはブロックが21万個生成されたタイミングと定義されていますので、正確にいつ半減期が訪れるのかはわかりませんが、ほぼ10分で1つのブロックが生成されるとされていますから、21万個となればほぼ4年程度、次回は2020年の5月前後に半減期がやってくるのではないかと推測されています。

 

この半減期が近づくと価格が上昇するというのは2012年の半減期などには見られなかった現象でしたが2016年の半減期では確実に価格が上昇したという実績があります。

 

前回はほぼ300ドル上昇したということですからもとになる価格次第ではさらに大きな上昇を見込むこともできそうです。前回2016年の価格上昇をチェックしてみますと、値動きベースではほぼ半減期が訪れる2か月前から価格が上昇しはじめ直前に下落するという動きになっています。

 

なぜ半減期が近づくとビットコインの価格が上昇するかですが、発行量の半減に伴って市場へのビットコインの供給が遅くなることが価格上昇に寄与しているという見方が一般的です。

 

しかし価格上昇タイミングには時を同じくして保有のビットコインを売り抜ける投資家も多いことからその受給によっては必ずしも思ったように価格が上昇しないという事態になることも十分に考えられます。

 

このようにビットコインをはじめとする仮想通貨はマイナーの報酬が減る半減期にむけて価格に影響がでることがあるということはあらかじめ知っておきたいことと言えそうですが、事例が少ないだけに確実なものとなるのかがやはり問題になりそうです。

 

実際、ビットコインに関していえば半減期はまだ2回しか訪れていませんから、その少ないケースだけをベースにして確実に上昇すると決めつけるのもなかなか難しいところがありそうで、あくまで前回はそうであったという事実だけがあるということです。

 

こうした仮想通貨ならではの価格形成の情報というのは貴重ですが、どこまで信用できるかということになると今一つよくわからない部分が多いのもまた事実です。

 

完全に信用しきるよりは情報として認識して本当にそうなるのか検証しながら取引を進めていくことが重要になりそうです。